teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(0)
  2. 最高級コピー時計店gaga76(0)
  3. 最高級コピー時計店gaga76(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ツアイス APQ-100 設計データ ☆2(追伸)

 投稿者:はじめちゃん@望遠鏡工房  投稿日:2017年10月29日(日)22時00分9秒
返信・引用
  .
FUNAさま

>かなり近似しているという理由は?



鈴木氏サイト
http://cz-telescope.la.coocan.jp/jena%20APQ.htm

BaLKN3-CAF2-BaLKN3 (第3形)

APQ.100/1000、レンズ構成で判るように、相対する面曲率が同じです。
即ち、球面収差(軸上色収差)とコマ収差を、同時に補正する手段
(面曲率の調整)が、やや限定されます。



BK7-CAF2-K10 (最終形)

も、相対する面曲率が同じと推測されます。 (オイル接合の為)

球面収差(軸上色収差)とコマ収差を、同時に補正するレンズ設計は、
通常、かなり近似します。

BK7-CAF2-K10 (最終形) 100/1000 (吉田正太郎氏、設計)

r 1 = + 418.85
r 2 = + 227.08
r 3 = - 495.66
r 4 = - 1871.5 → やや調整が必要。

(プリズム使用、BK7)



例えば、深い曲率 r 2 = + 227.08、→ + 240.00、に浅くすると

r 1 = + 418.85、→ + 441.00
r 3 = - 495.66、→ - 480.00

端数が少ない、判りやすい数値になりますが、球面収差がマイナス側に
振れて、シャープネスがやや落ちます。

r 4 で可能な調整も、やや厳しい感触です。拠って・・

球面収差(軸上色収差)とコマ収差を、同時に補正するレンズ設計は、
最新の自動設計ソフトを走らせても、かなり近似すると推測されます。



(私は、手動設計しか出来ませんので、最新の自動設計ソフトを使える
方が居られましたら、最適値のシミュレーションを公表して頂けると
幸いです。)
 
 

Re:ツアイス APQ-100 設計データ ☆2

 投稿者:FUNA  投稿日:2017年10月29日(日)18時30分32秒
返信・引用
  はじめちゃん`望遠鏡工房さん

>100/1000、BK7-CAF2-K10、相対する面曲率がほぼ同じ、コマ収差も補正
>・・の条件で、再度シミュレーションしてみましたが、APQ.100/1000の
>実際の設計データは、吉田正太郎氏の設計データと、かなり近似して
>いると思われます。
レンズ設計のことは知りませんので素人の単純な質問ですが、
「100/1000、BK7-CAF2-K10、相対する面曲率がほぼ同じ、コマ収差も補正
 ・・の条件で、再度シミュレーション」して、APQ100/1000の実際の設計
データが分かるのでしょうか?(かなり近似しているという理由は?)

 

ツアイス APQ-100 設計データ ☆2

 投稿者:はじめちゃん@望遠鏡工房  投稿日:2017年10月28日(土)08時45分59秒
返信・引用
  >FUNAさま、鈴木さま


3枚玉・蛍石アポクロマート(BK7-CAF2-K10)の設計データ、
吉田正太郎氏、1978年初版「望遠鏡光学」P190にあるとのこと・・


100/1000、BK7-CAF2-K10、相対する面曲率がほぼ同じ、コマ収差も補正

・・の条件で、再度シミュレーションしてみましたが、APQ.100/1000の
実際の設計データは、吉田正太郎氏の設計データと、かなり近似して
いると思われます。


Zeiss.APQ.100/1000、1985~1994年、ガラスの組み合わせの変遷は

ZK2-CAF2-ZK2

BAK2-CAF2-K11

BaLKN3-CAF2-BaLKN3

BK7-CAF2-K10 (最終形)

とされますが、球面収差(軸上色収差)補正で、最もバランスが
良く、かつ製造コストが低いのは、最終形の、BK7-CAF2-K10

・・と思われます。


2番目、BAK2-CAF2-K11、青色(480nm) が、かなり肥大します。
http://www2.odn.ne.jp/~ccr61210/www2.odn.ne.jp/APQ.html

http://blogs.yahoo.co.jp/dt_hajimechan

 

Re: ○ ツアイス APQ-100 設計データ

 投稿者:FUNA  投稿日:2017年10月24日(火)21時25分20秒
返信・引用
  鈴木さん、こんばんは。

レンズの構成が似ているだけでAPQとは関係なかったのですね。
ご連絡ありがとうございます。
それにしても最近は夜晴れの日が殆どないですね。台風一過を
期待したのですが、天気は良くありません。
 

Re: ○ ツアイス APQ-100 設計データ

 投稿者:鈴木 隆  投稿日:2017年10月23日(月)21時56分22秒
返信・引用
  はじめちゃん@望遠鏡工房さま、FUNAさま、こんばんは

3枚玉フローライトの設計データは吉田正太郎氏の著作1978年初版「望遠鏡光学」P190にあります。このデータは吉田先生ご自身がフローライトの相手玉にショットのBK7とK10を選んで計算して得たデータとありますのでAPQのデータではないと思います。APQ100/1000が完成したのはプデンツ博士の論文によれば1985年9月となっています。

> ○ ツアイス APQ-100/1000、後期型(BK7-CAF2-K10)
>
> このモデルの設計データと思われる数値は、吉田正太郎氏の著作
>
> 新版・屈折望遠鏡光学入門
> http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=913
>
> 236p にて、その詳細データが記載されています。
>
> r 1 = + 41.885
> r 2 = + 22.708
> r 3 = - 49.566
> r 4 = - 187.15
>
>
> (貴重と思われる情報ですので、こちらにも、書き込みさせて頂きました。)

http://cz-telescope.la.coocan.jp/jena%20APQ.htm

 

Re:ツアイス APQ-100 設計データ

 投稿者:FUNA  投稿日:2017年10月19日(木)18時39分58秒
返信・引用
  はじめちゃん`望遠鏡工房さん
APQ-100/1000、後期型(BK7-CAF2-K10)というのは、プデンツ博士の論文の中の
「後にNBK7/ K10のペア」のことですね。吉田正太郎氏の新版・屈折望遠鏡光学入門
は持っていましたが、BK7-CAF2-K10の収差曲線が載っているのは知りませんでした。
情報ありがとうございます。
 

○ ツアイス APQ-100 設計データ

 投稿者:はじめちゃん@望遠鏡工房  投稿日:2017年10月14日(土)16時20分28秒
返信・引用
  ○ ツアイス APQ-100/1000、後期型(BK7-CAF2-K10)

このモデルの設計データと思われる数値は、吉田正太郎氏の著作

新版・屈折望遠鏡光学入門
http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=913

236p にて、その詳細データが記載されています。

r 1 = + 41.885
r 2 = + 22.708
r 3 = - 49.566
r 4 = - 187.15


(貴重と思われる情報ですので、こちらにも、書き込みさせて頂きました。)

https://blogs.yahoo.co.jp/dt_hajimechan/15434050.html

 

ホームページの英語版

 投稿者:FUNA  投稿日:2017年10月 5日(木)17時47分44秒
返信・引用 編集済
  長い間更新してなかったホームページの英語版を少し更新しました。
http://www2.odn.ne.jp/~ccr61210/www2.odn.ne.jp/ind99.html
(更新のきっかけはCloudy Nightsへの投稿を再開しようと思ったためです)
日本語版の内容の一部を少しずつ英文にしていく予定です。

また、日本語の頁ですが、私のレポートのMTFの図解を読み易いように更新しました;
http://www2.odn.ne.jp/~ccr61210/www2.odn.ne.jp/MTFshoukai.html
 

ベランダに置いた望遠鏡

 投稿者:FUNA  投稿日:2017年 8月21日(月)14時14分25秒
返信・引用
  ベランダの奥行きが90cm+αしかないのでAPQと赤道儀では窮屈でしたが
クエスターは卓上式で小さいのでベランダからの星見が楽です。見たい時
にすぐ出せるのも良いです。天候が良くなれば星見の頻度も上がると思います。

 

Re2:最近、夜は曇りの日が続いています

 投稿者:FUNA  投稿日:2017年 8月20日(日)17時20分12秒
返信・引用
  中井さん

こちらこそご無沙汰しております。
西日本と東日本は天候が逆ですね。昨日は所属している天文同好会の
定例観望会でしたが、夕方から雷雨となり中止になりました。本日も
曇天が続いています。6月下旬にクエスター3.5インチを入手しました
がこれで星を見たのはまだ少しだけです。
 

レンタル掲示板
/58